選ばれる理由

次ぎに打つ手が見える
アクション重視型の報告書レポート。
「提案力」が違います。


あなたは、「調査をどう行うか?」に手を煩わせるのではなく、
「調査結果をどう活かすのか?」、本来の業務に集中してください。

全てのリサーチは次の打つ手を探るための手段です。

KFSは、単に調査を調査で終わらせるのではなく、リサーチ結果から「地に足の着いた実行論」をマーケティングの視点から導き出す 「提案力」を最大の特徴としています。

次ぎの打つ手が見える分析手法
「 Analysis based on Action itemsTM

-KFSの分析手法-

リサーチ会社の「個性」というのは、結局は、信頼性の高いデータを集める実査力とともに、そのデータをどう読み取り、どう結論づけるか、その上で何をすべきかといった「分析結果に基づく提案力」に代表されるのではないでしょうか?

KFSは、「マーケティングリサーチ会社」であるよりも、社名に代表されるように、
個々のクライアント企業様にとっての「KFS-Key Factorfor Success(成功の鍵)」を提供する会社でありたいと思っています。

だから、調査とは、データを単に集めて、グラフ化するという作業だけに留まるのではなく、
「次の行動を探るため手段」と位置づけ、
「データ結果から何を発見し、何が読み取れるのか」
「課題解決のためには何が必要か?」を重視した、
課題発見&解決手法探索型の分析 (Analysis based on Action items)」

を重点的に行った上で、
従来、「調査会社の領域」というよりは、むしろ、「コンサルティング会社の領域」として捉えられてきた、
「今後の活動指針(アクションプランとして、何をすべきなのか)」についてまで、調査結果に基づいた具体的に踏み込んだ内容までをも、報告書の中で提言しています。

Analysis based on Action itemsTM
あなたは、今までの調査に満足していますか?

個々の分析軸で、細分化してニーズや課題を明確化すれば、アクションプランはすぐに立案できるように思えます。
しかしながら、調査結果で課題が見えたとして、「○○に取組みましょう」だけでいいのでしょうか?
それを「アクションプラン」と呼びますか?

ケーススタディ:商品・サービスの拡販において「営業マンの訪問頻度」が課題となる場合:
一般的なリサーチ会社では・・・

◇重要度と満足度の関係から見た取組みプライオリティの探索

重要度と満足度の関係から見れば、「営業マンの訪問頻度」が改善すべきポイントです。

調査の報告を受ける立場から見れば・・


「そんなのわってるよ」
「できればやってるよ」

パートナーから見た営業活動の重要度×満足度MAP
パートナーから見た営業活動の重要度×満足度MAP



▼▼▼

KFSの場合・・・

課題についての実態分析
「営業マンの訪問頻度」に課題があるとしたら、まずは、その訪問実態は?

課題についての実態分析(定量アプローチ)

  • パートナーランク別(取引先売店ランク別)に見た場合はどうか?
  • エリア単位では?
  • 営業所単位では?
  • 優良顧客には、よく訪問しているのでは?
  • 競合他社と比較してどれくらい違うのか?
営業マンのパートナー訪問頻度×実態把握
営業マンのパートナー訪問頻度×実態把握

自由回答に見る要因探索
自由回答には「営業マンの訪問頻度」関してどのような意見が述べられているか?

課題についての実態分析(定性アプローチ)

  • 定量データと定性データを組み合わせて分析
  • 報告書内における説得力や数値の腹落ち感のアップ
  • 具体的に何をどう変えたら良いのか、改善のヒントを探る
営業マンの訪頻度に関する自由回答分析
営業マンの訪頻度に関する自由回答分析

アクションプランに役だつ指針を、分析手法を駆使して抽出

満足度視点から見た、最適訪問回数の抽出

  • 満足と不満の境目を探る:具体的な基準値とは?
  • 単に「訪問頻度を増やしましょう」ではなく具体的に月に何回の訪問回数が満足度の視点から見て必要なのか?
満足度視点から見た最適訪問回数とは?満足度調査結果をもとに分析手法を駆使


回数だけでなく、「満足度向上に繋がる訪問の中身」を考察

  • 行動指針を探る
    「訪問頻度を増やしましょう」=単に「コミュニケーションという名の元の雑談」で行くだけでは意味がない。
  • 販売パートナーの顧客満足度向上に結びつく訪問活動とは、具体的に訪問先でどのような営業活動をすれば良いのか?

満足度向上に結び付く訪問活動の中身とは?
満足度調査をもとに分析手法を駆使



リソース配分という視点から、他の業務との関係を分析・
マネジメント視点から解決策を探る

  • 単に「訪問回数を増やせ」だけでは、リソースが限られている中では無理というもの。
  • 営業マンの負担を単に増すのではなく、工数を削減する上では、どこから手をつければいか?
    満足度視点から営業マンがすべきこと、他の部門ですべきことの指針を抽出。

他部門で代替できる業務は? 全社最適化の視点代替できないか?


つまり、単に、
「今回の顧客満足度調査での課題は、営業マンの訪問頻度です。だから、営業マンの取引先パートナーへの訪問頻度をアップさせましょう」
で終わるのではなく、具体的に以下のように掘り下げていくことが特徴です。

  • 月に何回を目標に、(目標訪問回数)
  • どのような目的で訪問すればよいのか、(訪問目的)
  • それは、結果としてどの程度重要なか、(優先度)
  • 営業マンの訪問回数を物理的に増やすために、削減すべき業務内容(他の部門への要望)

こちらは、「営業マンの訪問頻度」を例に分析手法の一例をご紹介いたしましたが、
他の項目でも同様に、


分析手法を駆使して、次に何を行動としてすべきかを具体的に「見える化」していくこと、
これが、KFSのリサーチの最大の特徴である「Analysis based on Action itemsTM

です。

コメントは受け付けていません。