会社概要

企業活動をマーケティングの視点からサポート:マーケティングリサーチ専門会社 KFS。

KFSは、その社名に表されているように、クライアント企業の皆様に、マーケティング戦略における成功の鍵(Key Factor for Success)を提供することを使命とする会社です。

会社名
株式会社KFS-成功の鍵
設立
1997年1月24日
代表者
代表取締役社長 大庭 敬一
所在地
〒104-0051 東京都中央区佃2-2-10 リバーシティ21 36階 3612
TEL
(代表)03-5548-7926
FAX
(代表)03-5548-7988
資本金
10,000千円
取引銀行
三井住友銀行 浜松町支店
事業内容
  1. 企業における市場調査、顧客満足度調査、パートナー満足度調査などの各種調査・リサーチ事業
  2. 商品戦略、営業・販売戦略に関するコンサルティング及びマーケティング戦略の立案、遂行
売上高
330,000千円(前期実績)
従業員数
21名
主要顧客(アイウエオ順)
  • エプソン販売(株)
  • KDDI(株)
  • セイコーウオッチ(株)
  • セイコーエプソン(株)
  • 東京建物(株)
  • トンボ(株)
  • トヨタコネクテッド(株)
  • 日本電気(株)
  • 富士ゼロックス(株)
  • マイクロソフト(株)
  • ヤマハ発動機(株)
  • (株)リコー  、他、多数

マーケティングリサーチ全般にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
KFSのマーケティングリサーチ専門サイト:http://valueinnovation.biz/

代表メッセージ

皆様へ

株式会社KFS-成功の鍵
代表 大庭敬一

どこの調査会社に依頼しようか?とお考えの方に。

  • -調査会社など、どこも同じだから、とかく安いところ?
  • -小回りや融通が利く、使い勝手の良いところ?
  • -社内の納得が得やすい調査会社としてのブランド力のあるところ?

選択肢はいろいろです。

そこで、迷ったら、「調査会社に求めるものとは何か?」を、今一度、考えててみて下さい。

インターネットが生活の中に入り込み、誰もが気軽に情報受発信できる時代。

それは、単に「消費者の声」、「顧客の声」を集めるだけなら、誰でもできる時代ということ。

ましてや調査会社なのだから、それは、できて当たり前。

問題は、調査の分析レポートから、解決策が見えるのか、ということです。

調査は、現状の課題を把握し、それを解決するための道筋得るための手段だったはず。

なのに、

  • -結論もなく、数の羅列やそれをグラフ変換したものを“貼り付け”しただけの調査レポート
  • -テキストマイニングと称して、リサーチャーは何も読み込んでもいない自由回答の切り刻み
  • -提案という名のもとに示されるのは、当たり障りのない一般論、無難な結論

調査は、現状の課題について皆が理解し、それを解決するための道筋が見えてこそ、価値のあるものです。

KFSは、単に「調査をする」だけの会社ではなく、個々のクライアント企業様にとっての、
<KFS-成功の鍵:Key Factor for Success>を提供する会社でありたい。
そのため、最も力を入れているのは、

  • <解決策が見える>調査結果から、いかに次の施策を導き出すのか。
    ⇒実践的、具体的なアクションプランへの落とし込み

調査は、その結果から現状の課題を把握し、次の打つ手を探るための手段です。

結局、貴社にとって、その調査は役に立つのか、役に立たないのか?

その視点が大事だと思っています。

KFS-成功の鍵 大手調査会社 ネットリサーチ系
調査会社
弊社 シンクタンク系
新聞社系
ポータルサイト系
ネット通販系
1.調査する
2.分析レポートを作成する ×
3.解決策が見える ×

コメントは受け付けていません。