グループインタビュー

グループインタビュー

KFSは、ネットリサーチ(定量調査)とグループインタビュー、デプスインタビューなどの定性調査のシームレスな提供をしています。

グループインタビューは、顧客満足度調査を定量調査で実施したが、満足・不満の理由をより深く知りたい、特定のターゲット層となるお客様グループの理解ををより深めたい、といった場合などにお勧めします。

KFSのグループインタビューでは、生活者インサイトを探るための最新の手法までサポートして、お客様のマーケティング戦略上の様々な課題に応じて、お客様に使いやすい形で、最適な調査・分析手法をご提案することが可能です。

定性調査|概要

グループインタビュー

司会者と参加者(3~6人)で行われる座談会形式の調査方法
商品コンセプトや販売手法などの仮説の立案・検証をしたい

司会者と参加者が1対1で向き合う座談会形式の調査方法
1人の生活者の性格・思考・心理的側面にまで踏み込んでの、ホンネや深層心理を掘り下げたい


グループインタビューとは

グループインタビューは、以下のような特徴があります。

  • 司会者(モデレーター)と参加者3~6人(通常、4名程度)で行われる座談会形式の調査方法
  • 性別・年齢や、商品に求める価値感、利用シーンなどでセグメント化された、一定の共通性を持ったグループを対象にインタビューを実施
  • 集まった皆に共通の話題の土俵があるからこそ、それぞれの意見により場が刺激され、相互のディスカッションの中で、発言が集約されたり、話題が発展されていくことが特徴 (グループダイナミズム)
  • 「グループダイナミズム」により、消費者意識の掘り下げや、思いもしなかった意識の発展に繋がりやすい
  • インタビュアーと1対1で行う「デプスインタビュー」との大きな違いは、この「グループダイナミズム」による意見の集約&発展プロセス

 

このようなときに・・・

  • 参加者同士のディスカッションから、“生活者視点での率直な意見”を聞き出したい
  • 商品開発(コンセプト、ネーミング、パッケージなど)に対する消費者の評価とその意識を確認したい
  • 特定集団における商品・受容度など、「YES、NO」「好き、嫌い」ではなく、「それは何故?」を深堀りしたい

 


KFSのグループインタビュー|特長

参加者の生の声やホンネを引き出す、プロフェッショナル司会役(モデレーター)が対応します。

モデレーターは、回答者との間のラポール形成の仕方、接し方に対する心理などの研修を終えた、定性調査のプロフェッショナルが行います。

調査目的を理解し、相手の心理状況を踏まえ、インタビューを進めることで、「想定回答ありき」ではなく、客観的に場を進めます。

「写真投影法」など、生活者インサイトを引き出すための最新技法を採用しています。

一方通行のやりとりではなく、相手の意見を引き出すためのテクニックを駆使します。

参加者リクルーティング、司会役(モデレーター)・会場手配、インタビュー実査、発言録作成(テープ起こし)、分析レポートまで、一括したサービスでご提供します。

グループインタビュー(定性)とネットリサーチ(定量)をシームレスに提供します。

グループインタビュー(定性)とネットリサーチ(定量)の組み合わせにより、生活者の内実にまで迫れる調査が実施できます。
<ネットリサーチ→グループインタビュー(すでにある仮説を検証したい場合)>

すでに仮説がある場合、その仮説についてネットリサーチで量的検証を行った後、さらにグループインタビューで生活者のホンネや動機を深く掘り下げ、仮説を肉付けします。

例)新商品コンセプト受容性調査など

<グループインタビュー→ネットリサーチ(仮説立案から始めたい場合)>

仮説を作ること自体を目的とした場合、最初にグループインタビューを実施して、生活者の声(ホンネや動機)を通して仮説立案を行います。その後、立案された仮説についてネットリサーチで量的な検証を行います。

例)「なぜ、商品が売れないのか」不買者(競合商品購買者)調査など

最新設備の整った、快適なレンタルインタビュールームを利用します。

グループインタビュー|調査の流れ

  1. 調査企画・設計
    調査内容をご相談の上、(どんな人に、どんな質問をして、何を引き出すか)調査設計します。
  2. 実査準備
    スケジュールや対象者、会場を確定し、インタビューフロー(質問の流れ)を作成します。
  3. 実査
    参加者(グループ)にインタビューを実施します。
  4. 納品準備
    発言録・インタビュー結果の分析レポートを作成します。
  5. 納品
    DVD録画ビデオ、発言録(テープ起こし)、分析レポートを納品します。

グループインタビュー|料金

参考価格
450,000円/1グループ(4名)

<上記に含まれる料金>
参加者リクルーティング、インタビューフローの作成、会場手配、司会者(モデレーター)手配、インタビュー実査、モニター参加謝礼費、DVD録画ビデオ費、発言録作成費(テープ起こし)、分析レポート作成費

  • 上記は参考例です。調査内容・条件に応じて個別にお見積もりします。詳しくは、お問い合わせください。
  • 1グループの設定人数は、目的によって異なり、6~8名程度を設定する場合もありますが、昨今では、グループの人数を絞り、より密度のあるディスカッションを進めることにメリットを感じられるケースが多いようです。

詳しい情報はこちらから

KFSでは、マーケティングリサーチ専門サイトをご用意しております。

インタビュー調査に関する詳しい情報は、こちらよりご覧ください。→KFSの定性調査 (インタビュー調査)

 

コメントは受け付けていません。