商品&サービス力強化

商品&サービス力強化

KFSの商品力強化のためのソリューションメニュー:全体図

STEP1.コンセプト企画&開発

<マーケティング課題>
次の商品開発に向けた“市場化のシーズ(種)”はどこにあるか?

<KFSのソリューションメニュー>

  • ラテラルマーケティング
  • 市場ニーズ探索調査/顧客理解
    ・定量調査
    ・定性調査
    ・インサイトリサーチ
  • ペルソナ構築
  • 企画開発のためのワークショップ開催支援

STEP2.受容度検証&市場化テスト

<マーケティング課題>

コンセプト仮説のユーザー受容度検証&
顧客に聞く改善点

<KFSのソリューションメニュー>

  • ユーザー受容度テスト/市場化テスト
    ・グループインタビュー
    ・デプスインタビュー
    ・ホームユーステスト、他

STEP3.製品化・サービスリリース

STEP4.効果測定&改善点の発見

<マーケティング課題>

顧客の反応(満足度実態)

次の改善アイディアの探索

<KFSのソリューションメニュー>

  • 顧客満足度調査
  • クロスモニタリング調査(競合製品試用ユーーザーテスト)

商品力強化のための各種調査メニューのご介

STEP1.コンセプト企画&開発

ラテラルマーケティング

ラテラルシンキングとは、問題解決にあたって、「思考の幅を広げて、課題を新たな別の視点で捉えなおす」ことで、新しい発想を得ようとするための思考法。

「筋道を立てて論理的に回答を導き出す」=垂直方向(垂直:vertical)にロジックを掘り下げていくロジカル・シンキングに対して、発想を横に広げていくこと(水平:lateral)で解を求めていく。

今までの角度とは違う視点から問題解決の方法を探り、それを、どのように検証していくか、戦略仮説フレーム作りおよび、仮説検証プラン(リサーチプラン)を立案サポート。

市場ニーズ探索調査

商品・サービス開発時のニーズに応じて、目的に応じた調査メニューをフルサポート

  1. 定量調査:「広く・浅く型」
    全体を俯瞰し、新規市場(ブルーオーシャン)を探す
    新規顧客、新たなニーズを発見する
  2. 定性調査:「狭く・深く」型
    特定市場について深く知る
    顧客の利用実態や、顧客のニーズ等、インサイト到達に向けての手法の活用(エスノグラフィ等)

シーズ発見型商品開発の際に特に威力を発揮。

→KFSのマーケティング専用サイトで詳しく

ペルソナ構築

ペルソナとは、ユーザー調査から得られたデータをもとに作成された、各製品・サービスの市場セグメントを代表する「架空の顧客像」。

「顔の見える一人の主人公の生活ストーリー」として、裏付けのある情報を、視覚化・物語手法で語る。

いきいきと描かれたストーリーで、企画担当者の創造力を触発するとともに、関連部門との情報共有を促進。「ぶれない商品開発」をサポート。

ワークショップ

誰かが考えたアイディアより、自分で考えた意見の方が協力を引き出しやすい。また、チームで考えた方が良いアイディアが出るのは自明のこと。

コンセプト企画段階のブレインストーミング、調査結果が出た後のデータの読み込みや、そこからどのようなアイディア・アクションプランを考えるか、関連部署を巻き込むためのワークショップを企画・運営支援

STEP2.受容度検証&市場化テスト

ユーザー受容度テスト調査

商品・サービスのコンセプトを、市場投入前に、ユーザーの視点から定量的に検証。

商品開発時の想定ターゲットは、この商品・サービスについて、どのような反応を示すか?

単に「自分が欲しいと思うかどうか?」を尋ねるのではなく、「みんなの意見は案外正しい。-James Surowiecki著」の理論に基づき、受容度調査結果の回答の信頼性向上を図る。

インタビュー

ユーザー受容度を、特定顧客に狭く、深く聞く手法=インタビュー。

KFSでは、複数人数(通常、4名程度)を同時に集め、グループダイナミズムを重視する「グループインタビュー」と、マンツーマンで個人の本音(潜在化している意見、インサイト)に深く迫る「デプスインタビュー」の2種を用意。

答える側の「礼儀正しい」「嫌われたくない」心理を排除し、本音に迫るためには、経験を積んだリサーチャーの手腕が必要。

グループインタビュー:詳しく
デプスインタビュー:詳しく

ホームユーステスト

一定の期間を設け、実際に製品・サービスを使用してもらい、その評価を調査する方法。

実際に商品・サービスを、ユーザーに一定期間、日常生活の中で使用してもらい、その良し悪しを体感、実体験に基づき、評価や要望をもらう。

  • 体験レポート(日記形式)や、利用場面の写真など。ホームユーステスト後、インタビューでさらにその体験の詳細をヒアリングすることも可。

商品・サービスの改善や新商品開発のアイデアを得ることが可能に。

受容度検証:その他

商品投入前の受容度検証にあたっては、商品・サービスの種類や調査依頼企業様のニーズによって、ご提案できる調査方法が大きく変わってきます。

  • 1回だけでなく、同じ人に何度も聞きたい。
  • 調査会社にまかせるだけでなく、自分も参加したい。
  • 実際の利用シーンの映像や写真が欲しい。
  • ある程度の期間がかかってもよいから、顧客同士の自由な会話の中から受容度を検証したい、 etc.

まずは、ご相談ください。最適な方法をご提案します。

STEP3.製品化・サービスリリース

STEP4.効果測定&改善点の発見

顧客満足度調査

AIDMAからAISASと言われ、顧客の口コミ情報=顧客の満足・不満情報があっという間に伝播し、その威力は従来を大きく凌駕。「大きなうねり( Groundswell化現象)」

だからこそ、商品・サービスの市場投入後は、顧客満足の視点から、商品・サービスの改善点を定量的に探ることがポイントに。

KFSでは、「セオリー(理論)」に基づく顧客満足度調査を実践。

クロスモニタリング調査

自社客に競合他社製品を使わせ、競合他社客に自社製品を使わせ(クロス)、実際の体験のもとにその評価を調べるモニター調査(商品・サービス試用テスト)。

定性情報よりも定量情報をもとに、競合他社比較を徹底して行いたい方向け。

他社客のブランドスイッチを図るためには何が必要か?

競合他社が出した新商品・サービスは、当社のお客様にとってもニーズが高いのか?


KFSのマーケティングサービスの特徴は、マーケティングリサーチ手法を駆使して、貴社の課題に即した適切な提案を行う点にあります。
上記以外にも、様々な調査実績とともに、貴社にあった適切な方法をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

KFSでは、マーケティング関連サービスの専用サイトをご用意しております。
詳しくはこちらのサイトをご利用ください。

コメントは受け付けていません。