パートナー満足度調査|概要

最終エンドユーザーだけが、お客様ですか? お忘れではありませんか? 貴社のビジネスパートナーが、貴社をどう評価しているかに関してを。 インターットの進展が進み、チャネル形態が変化する中でも、メーカーや販社の方の営業活動の第一関門こそ、ビジネスパートナー様の店頭でのフェイス取りや取り扱いシェアの向上、また、最終消費者の方への「お勧めの一言」である点に変わりはありません。 メーカー

続きを読む

パートナー満足度調査|特長1

あなたの会社の売上を直接左右する パートナーの満足度。 パートナー満足度結果は、取引実績(売上)の先行指標。 パートナー満足度が下がれば、いずれ、取引実績(売上)も低下傾向へ。 間接販売を主体とするメーカーやメーカー販社の方にとって、結局、売上を左右するのは、“*ビジネスパートナーがいかに拡販してくれるか、にかかっていると言えるでしょう。 *ビジネスパートナー:販売代理店

続きを読む

パートナー満足度調査|特長2

パートナーの“満足度”という視点から 「次ぎに何をなすべきか?」を導きだす。 メーカーや、メーカー販社の方の多くの人にとっては、「ビジネスパートナーの拡販意欲向上の仕み作り」こそが、ある意味で、業務の大半なのかもしれません。 つまり、パートナー向けの支援策としての販促支援策の立案&提供や、教育支援はもちろん、受注システム(オーダーや、受注関連のトラッキング)や、エンドユーザー向けの広

続きを読む

パートナー満足度調査|特長3

ニーズが見える。 評価が見える。課題が見える。 だから次の打つ手が見える。組織が動く。 漠然としたイメージを、目に見える形で。 貴社のビジネスパートナーのニーズと、貴社が抱える営業課題を「見える化」。 KFSのパートナー満足度調査の特徴 ビジネスパートナーは、営業活動において何を重視しているのでしょうか? 貴社の営業活動に対する改善ニーズとは? ビジネスパートナーの

続きを読む

パートナー満足度調査|実施方法-調査設計

調査実施主体 パートナー満足度調査の調査実施主体は、貴社です。 パートナーに対して、調査主体としての貴社名を明示して、調査を行います。。 「実施主体」について 調査項目 パートナー満足度調査は一般的な営業活動の主業務に、貴社の業種・業界特性を加味して、オリジナル質問項目を作成します。 「調査項目」について 調査対象者 貴社の主要取引先パートナー+準取

続きを読む

パートナー満足度調査|分析手法1

ニーズが見える。 評価が見える。課題が見える。 だから次の打つ手が見える。組織が動く。 漠然としたイメージを、目に見える形で。 貴社のビジネスパートナーのニーズと、貴社が抱える営業課題を「見える化」。 KFsのパートナー満足度調査の特徴 ビジネスパートナーは、営業活動において何を重視しているのでしょうか? 貴社の営業活動に対する改善ニーズとは? ビジネスパートナーの

続きを読む

パートナー満足度調査|分析手法2

パートナー名や、営業マン個人名をプロットすることで 改善ターゲットを具体的に「見える化」。 一般論ではなく、具体論。 パートナー満足度調査の結果を、貴社の営業体制に応じて、 パートナー別や、営業マン個人別にまでも分析するため、 改善ターゲットが一目瞭然。 総合満足度と再購入意向・推奨意向は比例関係。 顧客満足度調査にご興味のある方なら、きっとお聞きしたことがあるでしょう。

続きを読む

パートナー満足度調査|分析手法3

自由回答を効果的に活用することで、 数字の意味を「見える化」。 「〇〇について満足」とは、具体的にどういうこと? 「〇〇について不満」とは、具体的に何が満で、どんな改善を望んでいるのか? 数字だけではイメージしにくいことを、自由回答と組み合わせて分析することで「見える化」。 [満足度の得点が、65点です。 特に、「ABCの項目では、不満が顕在化しており、全体平均と比較して、

続きを読む

パートナー満足度調査|分析手法4

分析手法を活用して「見える化」 個々の分析軸で、細分化してニーズや課題を明確化すれば、 アクションプランはすぐに立案できるように思えます。 しかしながら、「○○に取組みましょう」だけでいいのでしょうか? それを「アクションプラン」と呼びますか? KFSの分析事例・もし、「営業マンの訪問頻度」に課題があったとした場合 一般的なリサーチ会社では・・・ ◇重要度と満足度の関係か

続きを読む

パートナー満足度調査|活用事例1

売上増減の理由は? 次に何をすべきか? ビジネスパートナーの満足度という視点から探る。 売上データは、営業活動の“結果”をマネジメントするもの。 パートナー満足度データは、 営業活動の“プロセス”をマネジメントするためのもの。 相互に補完しあう2つのデータを利用すれば、データの利用価値はさらに高まる。 営業活動を考える上で、基本となるのは、売上などの業績数値データです。

続きを読む

パートナー満足度調査|活用事例2

営業部門のマネジメントに即、活かせる。 パートナー満足度調査。 部下指導、表彰&報奨、教育・研修、評価など。 営業強化に直結する、「営業マン個別分析」の結果の活用例について <パートナー満足度調査の分析例:営業マン個人別分析> <パートナー満足度調査の分析例:営業マン個人別分析> パートナーから見た営業マンに関する総合満足度を、担当する営業マン個人別に算出。 ビジネス

続きを読む

パートナー満足度調査|活用事例3

「ビジネスパートナーの満足度向上」という シンプルなマネジメント理論。 ビジネスパートナーの視点から、企業活動を総ざらい。 「パートナーの満足度」という視点から、社内のモチベーションアップを図る。 人事部門の方はもちろん、マネジメントクラスの方にとっても重要なのが、「社内の人間、一人一人のモチベーションアップ」であり、「顧客志向」「企業としての方向性の意思統一」にあると言えるで

続きを読む