デプスインタビュー

デプスインタビューは、司会者(モデレーター)と1人の参加者の、1対1で行われる座談会形式の調査方法です。1~2時間、1人の生活者と向き合い、「なぜ、その商品を買うのか」、「その商品を買うことによって、どんなメリットがあるのか」、「どんな気分が得られるのか」、「どんな自分になれるのか」などという、生活者の性格・思考・心理的側面にまで踏み込んでの、ホンネや深層心理を掘り下げます。KFSでは、臨床心理学や精神分析などの手法も取り入れながら、生活者インサイトを明らかにします。

グループインタビューとの使い分けについて

1グループ(参加者6名)、所要2時間のグループインタビューでは、1人の参加者の発言時間はおよそ15分程度です。15分間で、1人の参加者から、様々なテーマに関してホンネや深層心理までを引き出すのには無理があります。生活者の、生活環境やライフスタイル、価値観・志向性などから商品・ブランドなどの位置づけを探索したい場合には、デプスインタビューが適しています。

このようなときに・・・

  • グループインタビューでは、生活者のホンネや深層心理に迫るのに、限界やもの足りなさを感じている
  • 生活者は、商品の機能・性能から、どんな生活の充足感を見出しているのか、機能的ベネフィット、情緒的ベネフィット、生活価値の階層にわたって把握したい
  • 生活者のホンネ、生活者自身ですら気づかない潜在ニーズまでも、明らかにしたい

デプスインタビュー|特長

Point1.参加者の生の声やホンネを引き出す、百戦錬磨の司会役(モデレーター)が対応します。
1~2時間、1人の参加者(生活者)と、じっくり向き合い、臨床心理学や精神分析などの手法も取り入れながら、生活者インサイトを紐解く
参加者がありきたりの回答をする場合は、臨機応変に突っ込みの質問を入れたり、「なぜ?」、「それは具体的には?」と肉迫して、参加者のホンネに迫る
インタビューフロー(質問の流れ)に固執することなく、場が盛り上がったり参加者が面白いことを言っている場合は、一緒になって盛り上がる
Point2.「写真投影法」など、生活者インサイトを引き出すための最新技法を採用しています。
「写真投影法」とは、商品・ブランドから想起する写真を生活者に何枚か選んでもらい、「なぜ、その写真を選んだのか」理由や背景を紐解くことによって、生活者がその商品やブランドに抱く深層心理にまで迫る手法です。
Point3.参加者リクルーティング、司会役(モデレーター)・会場手配、インタビュー実査、発言録作成(テープ起こし)、分析レポートまで、一括したサービスでご提供します。
Point4.デプスインタビュー(定性)とネットリサーチ(定量)をシームレスに提供します。
デプスインタビュー(定性)とネットリサーチ(定量)の組み合わせにより、生活者の内実にまで迫れる調査が実施できます。
ネットリサーチ→デプスインタビュー(すでにある仮説を検証したい場合)すでに仮説がある場合、その仮説についてネットリサーチで量的検証を行った後、さらにデプスインタビューで生活者のホンネや動機を深く掘り下げ、仮説を肉付けします。例)新商品コンセプト受容性調査など
デプスインタビュー→ネットリサーチ(仮説立案から始めたい場合)仮説がない場合は、最初にデプスインタビューを実施して、生活者の声(ホンネや動機)を通して仮説立案を行います。その後、立案された仮説についてネットリサーチで量的な検証を行います。例)「なぜ、商品が売れないのか」不買者(競合商品購買者)調査など
Point5.最新設備の整った、快適なレンタルインタビュールームを利用します

KFSが利用しているレンタルインタビュールームの紹介(例)
インタビュールームGINZA概要
〒104-006 東京都中央区銀座4-9-5銀昭ビル5F

収容人数

インタビュールーム ミラールーム バックルーム
8人(司会者を含む) 10人 10~12人
  • ●インタビュールームインタビュールーム
  • ●ミラールームミラールーム

デプスインタビュー|調査の流れ

1.  調査企画・設計
調査内容をご相談の上、(どんな人に、どんな質問をして、何を引き出すか)調査設計します。
2.  実査準備
スケジュールや対象者、会場を確定し、インタビューフロー(質問の流れ)を作成します。
3.  実査
参加者にインタビューを実施します。
4.  納品準備
発言録・インタビュー結果の分析レポートを作成します。
5.  納品
DVD録画ビデオ、発言録(テープ起こし)、分析レポートを納品します。

デプスインタビュー|料金

参考価格
650,000円/6名=6セッション(1人1時間)<上記に含まれる料金>
参加者リクルーティング、インタビューフローの作成、会場手配、司会者(モデレーター)手配、インタビュー実査、モニター参加謝礼費、DVD録画ビデオ費、発言録作成費(テープ起こし)、分析レポート作成費
※上記は参考例です。調査内容・条件に応じて個別にお見積もりします。詳しくは、お問い合わせください。

デプスインタビュー|事例

  • シニアケータイ(らくらくホン・簡単ケータイ)に対する抵抗感や現状の不満に関する深層心理の把握
  • 自動車の購買プロセスにおける、各段階ごとの情報源と選好理由に関するユーザー心理の検証
  • 最近、自社商品から競合商品へブランドスイッチした生活者の、ブランドスイッチ動機の把握、そこに至るまでのプロセスの検証
  • 電話でのお問い合わせ 03-5548-7926
  • お見積もり・お問い合わせ